株式会社 クラリコ

仲介手数料は最大無料/不動産情報/横浜・東京の不動産はクラリコ

貸店舗・居抜き・店舗賃貸・テナント募集・貸事務所・住宅購入・一戸建て・マンション
家を買う・不動産売却・不動産買取りは「クラリコ」

不動産の買取り強化中
  1. Home
  2. >
  3. 店舗・事務所を借りる方
店舗・事務所を借りる方

貸店舗(貸事務所)を契約するまでの流れを解説いたします。

貸店舗(貸事務所)をはじめて借りる方は不安もあるかと思いますが、基本的にはアパートやマンションを借りる賃貸契約と変わりません。大きくは以下の①~⑨の通りです。
①店舗や開業するオフィスのコンセプトを決める。
②店舗を利用するお客さんが多く見込める場所、事務所であれば業務を行うにあたり利便性の良い場所を選ぶ。
③コンセプトにあった物件のサイズ(坪数)を確認する。
④その条件にあった貸店舗(貸事務所)を探して気になった物件は実際に内見をする。
⑤不動産契約の費用と開店・開業に向けて内装工事が必要であれば、事前に内装会社にも内見をしてもらい開店・開業のトータル費用を確認する。
⑥不動産会社から重要事項説明を受けて、大家さん(貸主)と賃貸借契約を行なう。
⑦内装工事が必要の場合は工事を開始して開店までの準備・仕入れ・スタッフ募集を行う。
⑧オープン・開業
店舗開業は収入や生活に関わることなので、契約までにしっかりとした計画を立てておくことが重要です。開業してからうまく経営が成り立たなくなってしまうことも少なくありません。同じ場所にお店が何年も存在していますので、そこまで廃業していないように思えますが、実際は閉店と開店がほぼ同時に行なわれる居抜き譲渡が行われており、看板の変更や若干の内装変更で新しいお店に変わっています。すぐに閉店にならないためにも店舗開業には事前準備がとても重要となり、その大きなひとつが「物件探し」となります。
Q,お店では何を売りますか?
Q,商品の原価はいくらですか?
Q,販売価格はいくらですか?
Q,人件費はどれくらい掛かりますか?
Q,どんなお客様が来店しますか?
Q,競合店に負けないセールスポイントはなんですか?
Q,お店の雰囲気はどんな感じですか?
 ⬇︎
「どこに」「何坪の」「いくらの家賃」で物件を探しますか?
クラリコでは、神奈川県・東京都の事業不動産(貸店舗・貸事務所)を専門に取り扱っており他のサイトで掲載されている物件の取り扱いも可能です。市場に出ない未公開物件や「気になる物件があるので調べてほしい」「あのお店が閉店しているようだけど貸し出ししているか調べてほしい」などのお問い合わせも対応いたします。創業融資や店舗内装工事などのご相談も事業不動産(貸店舗・貸事務所)に精通したスタッフがご対応させていただきます。

店舗をはじめるのにいくらかかるの?

はじめてお店をオープンする方は、実際にどれくらいの費用が必要なのか?解説いたします。個人でお店を開業する費用ですが、不動産契約と内装工事を合わせて(店舗面積15坪・家賃20万円・スケルトンからの工事)の場合、だいたい1,000万円~1,200万円のイメージとなります。これはあくまでも目安となり、優良な1等立地の店舗物件では家賃が高くなりますので店舗取得費(契約費用)も割高になります。内装工事ではこだわったデザインや高価な建材を使用すると内装工事費用は割高となります。反対に希望する店舗とピッタリな居抜き物件(前テナントの内装設備を有効に活用できる物件)を見つけることができれば、トータル金額は300万円前後でオープンできたりします。居抜き物件はもともとの内装設備を利用して安く開業することができるので開業希望者からの反響も多くゆっくり検討をしている間に他の開業希望者に物件を契約されてしまうこともあります。
店舗を開業するにあたり、大きい費用は2つです。
①店舗取得費用(店舗を借りる費用)
②店舗工事費用(店舗を造る費用)
店舗取得費用(店舗を借りる費用)ですが、これは大家さんと契約する費用です。例えば、賃料が20万円の店舗物件の場合、はじめの月の家賃(前家賃と呼びます)が1ヶ月分、礼金(賃料の2ヶ月分)、仲介手数料(賃料の1ヶ月分)、保証金(賃料の6ヶ月分)、保証会社保証料(賃料と共益管理費の合計の80%~100%)、以上の合計金額が一般的な店舗取得費の概算(契約金)となります。
一般的な店舗の契約金(賃料が20万円の場合)
前家賃 200,000円(税込)
礼金(2ヶ月分) 400,000円(税込)
仲介手数料(1ヶ月分) 200,000円(税込)
保証金(6ヶ月分) 1,200,000円(非課税)
保証会社保証料(1ヶ月分) 200,000円(税込)
店舗契約費用合計
(火災保険料除く)
2,200,000円(税込)
以前は店舗物件の保証金は賃料の10ヶ月分~12ヶ月分が一般的でしたが、最近ではテナントの家賃保証会社に加入することで、借主(テナント側)は店舗取得費を軽減できる(保証会社の加入の場合、保証金は賃料の3ヶ月分~6ヶ月分 )で、さらに親族や知人に連帯保証人をお願いする必要がなく、貸主(不動産オーナー側)も家賃滞納のリスクを担保できるという双方の利益から保証会社の加入が主流となっています。

店舗工事は工事の妥当性で相見積もりを推奨します。

店舗内装工事費用(店舗を造る費用)ですがこちらは一概に算出できません。あくまでも目安になりますが、スケルトン(床も壁も天井もないコンクリートの状態)から10坪~15坪くらいの店舗を造ると、一般的な価格で800万円 ~1,000万円くらい、設計デザインなどを入れた標準以上の仕上がりで1,000万円~1,200万円くらいになります。店舗工事は店舗の開業費用のなかで最も費用を要しますので、はじめてお店を開業される方は、なるべく居抜き物件を探した方がよろしいかと思います。物件の場所が良くて、スケルトンの物件で、どうしても一から造らなければいけない店舗物件の場合でも、工事金額の妥当性や、他の工事会社との比較をする意味でも、最低2社以上の相見積り(複数の業者で見積りを比べること)を推奨しています。内装会社やデザイン会社は、お客様のご希望に合わせてご紹介できますのでお気軽にお声がけください。また当社の運営する内装工事の比較サイト「クラリコのあい見積り」でも内装見積りの比較が可能です。
※店舗内装工事のご質問は「チャットから質問・お問い合わせ」をご利用ください。
※チャットの場合は、通常数分でお返事が可能です。(月曜日~日曜日(祝日も営業)9:00-18:00)
※物件によりご対応できない場合もあります。

チャットから質問・お問い合わせ

内装工事の比較サイト「クラリコのあい見積り」はこちら

事業用物件(貸店舗・貸事務所・貸倉庫など)にも適用される仲介手数料無料サービス

クラリコの「仲介手数料無料サービス」は「仲介手数料無料」「75%割引」「50%割引」「25%割引」「正規手数料」の5段階となります。居住用物件だけではなく、収益物件などの事業不動産にも適用されます。また、売買契約だけではなく貸店舗や貸事務所の賃貸契約にも適用されます。仲介手数料の割引表示は物件ごとに表示してあります。仲介手数料は通常、賃料の1ヶ月分が必要で金額的にも大きな諸費用となります。仲介手数料が大幅に安くなったお客様は「内装工事費用に使った」「店舗の家具や備品代」「看板を製作した」「OPEN告知のチラシ代に使った」などの声が多いです。
クラリコでは市場に出ているほとんどの物件情報が「仲介手数料無料サービス」の対象となります。クラリコのホームページに掲載されていない物件でも気になる物件は「この物件は仲介可能か?」「仲介手数料はいくらになるか?」などお問い合わせください。不動産ポータルサイト、他社情報サイト、チラシ広告、現地販売など、すべての物件が「仲介手数料無料サービス」の対象となります。
不動産取扱サイト一覧
※上記のサイトや他のホームページで気になる物件がありましたらお問い合わせください。
※仲介手数料無料サービスのご質問は「チャットから質問・お問い合わせ」をご利用ください。
※チャットの場合は、通常数分でお返事が可能です。(月曜日~日曜日(祝日も営業)9:00-18:00)
※物件によりご対応できない場合もあります。

チャットから質問・お問い合わせ