株式会社 クラリコ

仲介手数料は最大無料/不動産情報/横浜・東京の不動産はクラリコ

貸店舗・居抜き・店舗賃貸・テナント募集・貸事務所・住宅購入・一戸建て・マンション
家を買う・不動産売却・不動産買取りは「クラリコ」

不動産の買取り強化中
  1. Home
  2. >
  3. ブログ
  4. >
  5. 歴史的建造物を活かした高層オフィスビル「横浜アイランドタワー」を横浜観光スポットとしてご紹介します。

歴史的建造物を活かした高層オフィスビル「横浜アイランドタワー」を横浜観光スポットとしてご紹介します。

歴史的建造物を活かした高層オフィスビル「横浜アイランドタワー」を横浜観光スポットとしてご紹介します。

<歴史的建造物を活かした高層オフィスビルへ>
みなとみらい線・馬車道駅から直結している、地上27階・地下3階建ての高層ビル「横浜アイランドタワー」があります。このビルの先端に、半円形バルコニーが特徴的な古代ローマの建築様式「トスカナ式オーダー」で造られた建物があります。ここは旧第一銀行横浜支店(現 横浜銀行本店別館)として1929年(昭和4年)に建てられました。設計は建築家の西村好時氏で、旧第一銀行熊本支店(現 ピーエス熊本センター)や旧第一銀行函館支店(現 函館市文学館)など様々な銀行の設計をしたことで知られています。

株式会社クラリコ - 横浜・東京の不動産仲介手数料は最大無料-未公開物件-横浜・東京の不動産ならクラリコ アイランドタワー2

その後1995年(平成7年)に「ヨコハマ創造都市センター」として先端の半円形バルコニー部分を残し改修工事を行うことになりました。こうして保存された建物は、景観的価値を維持していくために2003年(平成15年)11月に横浜市認定歴史的建造物として認定を受けました。また同年、北仲通南地区第一工区の開発計画として都市基盤整備公団(現 UR都市機構)と建築家・槇文彦氏の設計のもと、オフィス高層棟を増設します。これが現在オフィスビルとして活躍している高層ビル「横浜アイランドタワー」です。そして低層部分は「YCC ヨコハマ創造都市センター」として横浜市の推奨する「創造都市」の施策を担う、クリエイティブ活動をする施設として使用されていました。(2020年3月運営終了)

その後2021年(令和3年)は天井脱落対策工事のため休館していましたが、現在は横浜市のホームページにて「歴史的建造物『旧第一銀行横浜支店』の次期運営事業者を公募します」と事業者を一般公募しています。応募資格として「文化芸術の創造とまちの活性化に理解や関心のある、株式会社や公益法人など法人格を持った団体」と挙げていますので、興味のある方はこちらからご確認ください。

 

【施設名称】横浜アイランドタワー
【住所】 横浜市中区本町6丁目50-1
【設立】1929年
【設計・施工】西村好時/清水組
【構造】鉄筋コンクリート構造
【文化財】横浜市認定歴史的建造物

横浜アイランドタワーの地図はこちらです!↓

 

横浜・神奈川と東京の「貸店舗」と「事務所賃貸」

kulaliko(クラリコ)https://www.kulaliko.co.jp

店舗 / 店舗専門不動産 / 貸店舗 / テナント / 小さい店舗賃貸 / 店舗物件 / 店舗賃貸 / 店舗不動産 / 居抜き物件 / 事務所 / 事務所専門不動産 / 貸事務所 / 事務所テナント / 小さい事務所賃貸 / 賃貸事務所 / 事務所物件 / 事務所賃貸 / 事務所不動産 / オフィス / レンタルオフィス / SOHO / 横浜 / 神奈川 / 東京